ヴァルフィッシュ三世のゲーム制作記

ゲーム制作初心者の制作日記です。

一作目を振り返って~ストーリーの組み立て方~

制作し公開してから一週間も経ったので
ゲーム紹介兼思い出語りでもしようかと思います。


ゲーム紹介

制作時間四時間ほど
プレイ時間3分程度
制作ツール ティラノビルダー

ストーリー

陸に上がったヴァルフィッシュ三世くんは陸の学校に迷い込んでしまう。元の海の世界へ帰ろう!
というもの。

こちらはこの記事(
初心者がティラノビルダーで3分でクリア出来るノベルゲーを作ってみた - ヴァルフィッシュ三世のゲーム制作記
)でも書いている通りゲーム作り初心者の私がとりあえずゲームを作ってみよう、という思いから作られたものです。

とにかく大作のようなストーリー展開をしない、それでも完結したストーリーを作る。
そしてゲームらしく分岐は存在させ完結したストーリーに見合った作りをすること。
これを目標として作っていきました。

ストーリーは最初の段階ではなにも考えていませんでした。

ストーリーの作り方

まず、この作品は我がマスコットキャラ、ヴァルフィッシュ三世くんを主人公としました。
ティラノビルダーを使い始めるとわかる通りこちらはデフォルトで学校の背景が入っています。
今回はキャラは自前なものの他は作る予定がありませんでした。
単純に背景が描けないのもありましたが、背景を用意するほどの労力はかけたくない、というものでした。

ヴァルフィッシュ三世くん(クジラ)、学校、ここでピンと
よし、陸に干上がったという設定でいこう。
と思いました。

しかし会話がなければ上手くストーリーを進められません。
また、人間を描くのも難しい、しかし新しくキャラを作るのも…と思った私は絵の色味だけを調整してヴァルフィッシュ三世ちゃんを作ったのでした。

さて、色味をいじっただけ──姿がそっくりのクジラを作った以上その子は陸の住人ではありません。
同じく海の住人です。
そこでよし!この子と一緒に海へ帰るストーリーにしようと思いました。

大作を作らないこと、それを目指した私はとにかく難しい展開はなしに事を進めようとその場の勢いで考えていきました。

ヴァルフィッシュ三世ちゃんと海に帰れる
→ヴァルフィッシュ三世ちゃんは海に帰る方法を知っている
→前にも迷ったことがある

ヴァルフィッシュ三世くんは迷子になったことを知らない
→それを教える(途中にある怒濤の説明口調はここです)
→二人で帰る展開に持っていく

ここで分岐をどうするか迷う
→教室から玄関までを選択肢にするか?
しかしそれでは長すぎる
→階段で迷わせるか?
出たいのなら階段は下だろう
→そうだ、上の階へいかせる展開があってもいいのではないか?

ここで「空飛ぶくじら」の文が脳に過ります

そうだ、空を飛ぼう

そんな感じで分岐は階段(分岐と言ってますがオチは変わらないです)
そらに上という出口としては間違えている方にスチルが面白いのではと思いここでスチル登場

陸に干上がって学校に迷い込むくらいだから海と近い場所にあるのは自然だと思いそのまま海へダイビングすることに。
いえ、そもそもクジラがそこまで干上がるのは自然ではないのですが…。

ちょっとしたオチもつけてストーリー完成です。

その場その場で思い付いたストーリーでした
大作ならオチを逆算した方が話もまとまっていいのでしょうか…でもそうしたら私の性格からして一生話を作り終えない気がする。
完璧を目指したら挫折するのがオチでしょう。

こんなノリで作った「ヴァルフィッシュ三世くん、学校に迷い込む」はこちらからプレイできますのでよかったら
PliCy
plicy.net
ふりーむ!
www.freem.ne.jp
フリーゲーム夢現
freegame-mugen.jp



どちらもブラウザでできます
内容は一緒なのでお好きな方でどうぞ

PLiCyでアクションゲームを超簡単に作った話

plicyでゲームを作ってみよう

plicyとは前回のゲームで投稿したサービスなんですが、なんと投稿だけではなくゲーム制作もできるとのことなので早速試してみました。

 

前回のゲーム

初心者がティラノビルダーで3分でクリア出来るノベルゲーを作ってみた - ヴァルフィッシュ三世のゲーム制作記

投稿した場所

ヴァルフィッシュ三世くん、学校に迷い込む!をブラウザで遊ぶ!

 

アクションゲームを作ろう

アクションゲーム。横スクロールで動いていくゲームですね。

マリオみたいなやつ。

 

今回も登場します我がマスコットキャラ、ヴァルフィッシュ三世くん。

この子に合ったゲームを作ろうと思います。

 

 

 

さて、最初に地形、広さ、主人公の設定をします。

f:id:walfisch_3:20181023002124j:plain

しかしこの地形、海がない。

ヴァルフィッシュ三世くんはクジラです。海のステージにしたかったな~ 

などと思いつつステージの広さはとりあえず「通常」にし主人公は「オリキャラ」にしてヴァルフィッシュ三世くんの画像をアップロードします。

 

制作画面に入ります。

 

f:id:walfisch_3:20181023002449j:plain

小さくない?

 

マップの広さを変更してもこのキャラクターの大きさは変わりません。

というかマップの広さが変わったら相対的にキャラクターの大きさが変わるのではないかと考えている時点でアウトでした。

相対的になだけでキャラクターの大きさが変わるわけがない。

 

と思いきや、プレビューを見るとそもそも下の黒い部分がなくなると判明。

キャラの大きさも全く問題ないです。早とちってごめん…。

 

それでは左のメニューを上から順に設定していきます。

 

まずはマップ。

マップ欄には海と選べる…?でもマップが変わったような形跡はない。

いまいちよくわからないので放っておいて先へ進みます。

 

次は地形。ブロック配置ですね。

ブロック自体の変え方は、左クリックを押したままスクロールするとブロックを大きく、カーソルを左にすれば左向きに、カーソルを右にすれば右向きになります。

上手く文章にできないのですがここは感覚的にできると思います。

 

地形スタンプ。

こちらはマップ自体を変形できるようにできます。

とりあえずは平坦な道でいいか…と思いここはスルー。

 

お次はモンスター・・・なのですが、これはなんと自動生成(配置)ができます。

というかよくよく見たら地形も自動生成できました。

超便利。

自動生成をポンと押せば最初から最後までいい感じに配置されます。

こんなに便利でいいの?

ただ、モンスターがその位置じゃ操作しても倒せない、ということがありますので、そこは適宜ブロックを配置していきます。

 

お次は仕掛け、乗り物

こちらも自動生成可能…ですが、あまり仕掛けを活かせるようなブロックやモンスターを配置できないだろうと思いここもスルーしました。

 

お次はアイテム、仲間

これもスルーしました。

というのも、モンスターを自動生成 したときにアイテムのようなダイヤが配置されていたので必要あるかな?と思い特に配置しませんでした。

 

お次は背景。

こちらは天気などが変更できますが、平坦な草原のようなマップなら晴れがいいだろうと思いスルー。

中景に海があったものの変わった様子がない…?別のものを選んだら反映されましたが海が反映されません。

最初の地形の時点で間違えていたのかな…なんだろう。

結局これもスルー。

 

お次は音楽。

気に入った音楽を設定したらずっと鳴りっぱなしで驚きました。

鳴り続けるの?これ。

リセットを押したら止まりましたがこれゲーム中に流すにはずっと音楽を流す必要があるのか?わからん。

・・・と思いテストプレイしたら音楽が選択したものが流れたので多分合ってます。

【決定】でその音楽を指定。そうすると制作中もずっとその音楽が流れるので【リセット】で制作中に流れる音楽を止められる。

・・・のでしょうか?よくよく考えてみたら決定を押す意味自体なかったのかも。

 

 

 

次は効果音でしたが特にこだわりがなかったのでスルー。

 

次のシステムもこだわりがなかったのでスルー。

 

ここで粗方の作業は終わりました。

テストプレイをしてみましたが問題はありません。

 

しかしこの自動生成は本当にいいですね。

自分で考えなくて済む。

…。

……。

これ、完成でいいのでは?

 

そんなわけで完成したほとんど自動生成の手柄のようなゲームができました。

 

制作時間は約1時間。

プレビューを開いたり途中使う画像(ヴァルフイッシュ三世くん)をいじったりマップのサイズ自体を変えたくてデータを消して改めて始めたりしたので一時間もかかっていないと思います。

 

完成したものを公開

 

こちらです

plicy.net

「ヴァルフィッシュ三世くんの冒険β」

 

いつか自分で考えたステージを作りたいという気持ちもこめてβです。

 

プレイ時間は横に進むだけなら20秒で終わります。

仕掛けらしい仕掛けもやり込み要素もないもんね。

 

しかし自動生成のおかげでさらっと作れるのはいいですね~

アクションゲームってもっと難しいイメージありましたし(いえ、これが特別簡単に作れるツールなだけかとは思いますが)自分の作ったキャラが動くのを見るのは楽しいですね。

 

いまいち操作がよくわからないな~でもこんなにお手軽に作れるならパパっと作って公開しよ!

などと思いスルーにスルーを重ね一応あったはずの理想のステージを作らずに完成してしまいました。

 

もっとちゃんとしたの作りたいですね。

 

 

 

 

初心者がティラノビルダーで3分でクリア出来るノベルゲーを作ってみた

ゲームを作りたい

自分でゲームを作ってみたい!

例えば型月やひぐらしのような。

そう思い作り始めたゲーム作り初心者です。

そこでいい話さえ書ければ労力はほとんどないんじゃないか?と思い気楽にノベルゲームを作り始めてみました。

 

いきなり大作を作ろうとしたら企画倒れするもの。まだ右も左もわからない初心者ですしね。

今回は「短い話をちゃんと完成させる」を目標にしたいと思います。

とりあえず今後も作り続けるかもわからなかったので無料で使える開発ソフトを探しました。

「無料 ノベルゲーム 作成」とGoogleで検索してみたところ一番上に「ティラノビルダー」というものがヒットしましたのでこちらにしました。

b.tyrano.jp

 

完全無料(有料版のPROもある)で商用可、windowsもmacにも対応していて使い勝手もよさげです。

 

 

 

さて、開いてみるとまず画面に「新規作成」という表示が出てきます。

それからゲームタイプや画面サイズなどを決める画面になります。

チュートリアルがここまで親切なので迷うことはないのですが、HPに載っています(使い方&チュートリアル|ティラノビルダー)。

親切すぎる。迷わず進められる。

 

チュートリアルでサウンドノベル形式かアドベンチャー形式どちらで作るか選びます。

どっちが何?と思いましたが画像があるので大丈夫。

アドベンチャー形式がギャルゲーでよく見る形式!といった感じのキャラクターが立ち絵にあって下部に文章が表示されるもの。

サウンドノベル形式が全画面に文章が表示されて背景にイラストがあるもの。ミステリーやサスペンスでよく見ます。

 

画面サイズはどれがいいのかわからなかったので、公式HPにPC・スマホ向けに汎用的に使えると記載されているよこ型(960×640)を選びました。

 

画面通り進めていけば問題なくチュートリアルが終わります。

 

 

 いざ、ゲーム制作

さて、いよいよゲーム作りに入ります。

f:id:walfisch_3:20181009152857j:plain

自分のやりたいことを左エリアから中央エリアにドラッグして勧めていく感じです

わかりやすいね!

 

プレビューがあるので確認しつつ進めます。

 

しかし簡単だ~!と思っていたのもつかの間。

わからないところが色々出てきました。

 

改行すると会話文が次の画面に表示されるのですが、

そこであれ?同じ画面内に改行したい場合はどうすれば?と思いましたが、

改行はエンターを押さずに[r]を押せば出来ます。

(「久しぶり!

  元気?」と表示したい場合は

「久しぶり![r]元気?」と文章を書く)

 

キャラのセリフが続いた後にナレーションを入れようとしてもキャラ名が表示されたままであれ?どうすれば?(二回目)と思いましたが、

「#キャラ名」でキャラ名が表示されるので、「# (未記入)」でナレーションに見えるようになりました。

 

また、これと似たような問題なんですが、場面が変わるとき(暗転)に前の発言者が表示されてしまう(図1)のでセリフの空白が必要でした(図2のように)

図1(セリフがないのにキャラ名が表示されてしまう)

f:id:walfisch_3:20181009155225j:plain

図2(テキストに書いてあるように#を入れる)

f:id:walfisch_3:20181009155133j:plain

図3(キャラ名が表示されなくなりました!)

f:id:walfisch_3:20181009155315j:plain

 

私は当初ワードで文章を全て打ってからティラノビルダーにコピペしようと考えていたのですが、ワードで打った文を持ってくることはできなかったです。

逆もまた然り、ティラノビルダーで打った文はコピペできませんでした。

自分の打った文でもゲームを通して、もしくは制作画面でしか確認できないのは少し寂しいところがあります。

 

とりあえずテキスト、キャラクターの画像を挿入しいざプレビューを表示します

f:id:walfisch_3:20180917004738j:plain

でかい

1000×1000のキャンバスでしたが大きすぎたようです

f:id:walfisch_3:20180917004629j:plain

とりあえず半分の500×500にしたところ収まりが良くなりました

このヴァルフィッシュ三世くんは正方形に収まるサイズですが、人物など縦に長い長方形になる場合は500×800くらいがいいかもしれません。

……この記事を書いているときに気づきましたが、最初のチュートリアルで私は(960×640)の画面サイズを選んでいました。

そりゃ1000×1000だと画面に飛び出すはずです。

 

このヴァルフィッシュ三世くん、少し下にいきすぎていますが位置調整がありますのでいいところに調整します。

 

ティラノビルダーに元から入っていた空の画像がタイトル画面でしたがせっかくです。

タイトルロゴも自分で自由に作りたいしキャラクターをタイトル画面にいさせたいです。

とりあえずタイトル画面は「タイトルロゴがあること」、「ヴァルフィッシュ三世くんがいること」、「ゲームの内容に関わるものを入れること」この3つの条件をクリアすること。

絵としては「楽し気な雰囲気」「右下にゲーム開始(続き)のボタンが入るから重要なものは入れない」この2つの条件をつけました。

それがこちら

f:id:walfisch_3:20180917004907j:plain

すげえダサいタイトル画面ができました。

ワードで作れそう感満載です。

 

ゲーム完成!反省点など

とりあえず完成!!

短いものの完成することができました。

 

プレイ時間は分岐含めても3分

制作時間は約4時間

 

不慣れだったこともあり一つ動かしたらプレビューとにらめっこ。

元々用意していたヴァルフィッシュ三世くん、いざキャラクターとして動かしてみるとあの表情がほしい、一匹じゃ寂しいからもう一匹増やそう、ノベルゲーといったらスチルがほしい!と思い絵にかけた時間もあります。

 

それにしたって3分のものを4時間。4時間!?

単純計算30分程度のゲームを作ろうものなら40時間

2時間だってフリーのノベルゲーならそれなり、商業なら少なすぎるが制作時間160時間!1日2時間ゲーム制作に費やしても2か月以上はかかります。

作るってこんなに手間がかかるのか…呆然としてしまう。

 

反省点など

作り終わってから気付きましたが、音楽を一切入れてません。

効果音くらい入れよう。というか入れるべきシーンがあった。

 

今回は分岐があるものの終わり方は同じなため少々味気ないです。

 

文章に至っては今回は完成させることを目標としていたので気にしなかったです。が、3行以上続くと見づらい印象は出てくるので小分けにするだとか、

会話のキャッチボールを意識して長く喋らす前に他のキャラに喋らした方がいいかと思いました。

でもセリフを細かく分けたらクリック(タップ)する回数が増えて面倒かな…どうだろう…。

 

肝心のゲーム作成についてですが、無意味な労力が多かったです。

例えば、最初は改行の仕方がわからなかったのでその名残りでセリフをわけすぎてしまいました。

他にも、シーンごとに制作画面を分けることができるのでそれを有効に使えば直したいところをすぐに見つけられたんだろうとか思いました。

 

まあ初心者だからこんなもんかな!

 

感想

機能を覚えられて良かったです。

HPに懇切丁寧に機能の説明があるのでつまずくことはほとんどありませんでしたし、探せばガイドがあります。

それでも自分でやるのとはやっぱり違いますし実践しなきゃ結局わからないままですね。

画像のちょうどいいサイズとか制作時間とか。いや、サイズは最初のチュートリアルで書かれているのでそこから推測すればわかったのですが…。

 

 

完成したものはこちらに投稿しましたので良かったらどうぞ

内容はどちらも変わりません

plicy.net

 

www.freem.ne.jp

 

freegame-mugen.jp