ヴァルフィッシュ三世のゲーム制作記

ゲーム制作初心者の制作日記です。

PLiCyでアクションゲームを超簡単に作った話

plicyでゲームを作ってみよう

plicyとは前回のゲームで投稿したサービスなんですが、なんと投稿だけではなくゲーム制作もできるとのことなので早速試してみました。

 

前回のゲーム

初心者がティラノビルダーで3分でクリア出来るノベルゲーを作ってみた - ヴァルフィッシュ三世のゲーム制作記

投稿した場所

ヴァルフィッシュ三世くん、学校に迷い込む!をブラウザで遊ぶ!

 

アクションゲームを作ろう

アクションゲーム。横スクロールで動いていくゲームですね。

マリオみたいなやつ。

 

今回も登場します我がマスコットキャラ、ヴァルフィッシュ三世くん。

この子に合ったゲームを作ろうと思います。

 

 

 

さて、最初に地形、広さ、主人公の設定をします。

f:id:walfisch_3:20181023002124j:plain

しかしこの地形、海がない。

ヴァルフィッシュ三世くんはクジラです。海のステージにしたかったな~ 

などと思いつつステージの広さはとりあえず「通常」にし主人公は「オリキャラ」にしてヴァルフィッシュ三世くんの画像をアップロードします。

 

制作画面に入ります。

 

f:id:walfisch_3:20181023002449j:plain

小さくない?

 

マップの広さを変更してもこのキャラクターの大きさは変わりません。

というかマップの広さが変わったら相対的にキャラクターの大きさが変わるのではないかと考えている時点でアウトでした。

相対的になだけでキャラクターの大きさが変わるわけがない。

 

と思いきや、プレビューを見るとそもそも下の黒い部分がなくなると判明。

キャラの大きさも全く問題ないです。早とちってごめん…。

 

それでは左のメニューを上から順に設定していきます。

 

まずはマップ。

マップ欄には海と選べる…?でもマップが変わったような形跡はない。

いまいちよくわからないので放っておいて先へ進みます。

 

次は地形。ブロック配置ですね。

ブロック自体の変え方は、左クリックを押したままスクロールするとブロックを大きく、カーソルを左にすれば左向きに、カーソルを右にすれば右向きになります。

上手く文章にできないのですがここは感覚的にできると思います。

 

地形スタンプ。

こちらはマップ自体を変形できるようにできます。

とりあえずは平坦な道でいいか…と思いここはスルー。

 

お次はモンスター・・・なのですが、これはなんと自動生成(配置)ができます。

というかよくよく見たら地形も自動生成できました。

超便利。

自動生成をポンと押せば最初から最後までいい感じに配置されます。

こんなに便利でいいの?

ただ、モンスターがその位置じゃ操作しても倒せない、ということがありますので、そこは適宜ブロックを配置していきます。

 

お次は仕掛け、乗り物

こちらも自動生成可能…ですが、あまり仕掛けを活かせるようなブロックやモンスターを配置できないだろうと思いここもスルーしました。

 

お次はアイテム、仲間

これもスルーしました。

というのも、モンスターを自動生成 したときにアイテムのようなダイヤが配置されていたので必要あるかな?と思い特に配置しませんでした。

 

お次は背景。

こちらは天気などが変更できますが、平坦な草原のようなマップなら晴れがいいだろうと思いスルー。

中景に海があったものの変わった様子がない…?別のものを選んだら反映されましたが海が反映されません。

最初の地形の時点で間違えていたのかな…なんだろう。

結局これもスルー。

 

お次は音楽。

気に入った音楽を設定したらずっと鳴りっぱなしで驚きました。

鳴り続けるの?これ。

リセットを押したら止まりましたがこれゲーム中に流すにはずっと音楽を流す必要があるのか?わからん。

・・・と思いテストプレイしたら音楽が選択したものが流れたので多分合ってます。

【決定】でその音楽を指定。そうすると制作中もずっとその音楽が流れるので【リセット】で制作中に流れる音楽を止められる。

・・・のでしょうか?よくよく考えてみたら決定を押す意味自体なかったのかも。

 

 

 

次は効果音でしたが特にこだわりがなかったのでスルー。

 

次のシステムもこだわりがなかったのでスルー。

 

ここで粗方の作業は終わりました。

テストプレイをしてみましたが問題はありません。

 

しかしこの自動生成は本当にいいですね。

自分で考えなくて済む。

…。

……。

これ、完成でいいのでは?

 

そんなわけで完成したほとんど自動生成の手柄のようなゲームができました。

 

制作時間は約1時間。

プレビューを開いたり途中使う画像(ヴァルフイッシュ三世くん)をいじったりマップのサイズ自体を変えたくてデータを消して改めて始めたりしたので一時間もかかっていないと思います。

 

完成したものを公開

 

こちらです

plicy.net

「ヴァルフィッシュ三世くんの冒険β」

 

いつか自分で考えたステージを作りたいという気持ちもこめてβです。

 

プレイ時間は横に進むだけなら20秒で終わります。

仕掛けらしい仕掛けもやり込み要素もないもんね。

 

しかし自動生成のおかげでさらっと作れるのはいいですね~

アクションゲームってもっと難しいイメージありましたし(いえ、これが特別簡単に作れるツールなだけかとは思いますが)自分の作ったキャラが動くのを見るのは楽しいですね。

 

いまいち操作がよくわからないな~でもこんなにお手軽に作れるならパパっと作って公開しよ!

などと思いスルーにスルーを重ね一応あったはずの理想のステージを作らずに完成してしまいました。

 

もっとちゃんとしたの作りたいですね。